防犯について

ダミーシリンダーやダミーカメラは意味がない!

今回はまたまた、防犯についてのお話です。

カギ屋なので防犯の知識はあります。

 

 

さて、タイトルで答えを書いてしましました(笑)

 

ダミーカメラは安いものだとバレるだろうからそうだと思った人も、

ダミーシリンダーも意味ないのなら、何のためにあるんだと思われたのではないでしょうか。

  

 

セキュリティー高い家に見えるからって付けたのに…

 

 

 

 

 

 

ご安心ください。

今回は何故意味ないのかということと、では何が防犯に良いのかということをお伝えします!

 

 


  

 

少し前に流行った2つ目のカギがあるみたいに見える”ダミーシリンダー”

 

 

 

今も見かける”ダミーカメラ”

 

 

 

 

これは防犯になりそう!と思って購入する前に、ちょっとまってください。

 

 

 

 

 

 

 

実はそれ、

 

 

 

 

無駄になります。

 

 

 

 

ハッキリ言っちゃいました(笑)

  

 

  

なぜかと言うと

ダミーシリンダーはメジャーすぎて侵入者はおろか、一般の人ですら知ってる人もいるからです。

わかる人が見ればひと目見てわかっちゃうんです。

 

そしてダミーカメラも、設置状態を見ればわかるものです。

 

筆者のような鍵のプロのみならず、少なくとも侵入を試みる人たちはわかっていると思います。

 

 

わからないのは防犯対策したつもりでいる購入者だけ、ということになり

結果、意味が無いということになります。

 


 

ではどうすれば良いのか?

 

やはり、ちゃんとカギを追加するのが対策になるんです。

 

カメラもそうです。

本当にダミーのカメラを本物に見せようとしたら、施工は本物を使ってカメラ機能は生かさないことになります。

でもそれなら、本当にカメラを”生かして”設置したほうが良いですよね。

 

カメラはどんどん高性能になっている反面、価格はどんどん安くなっていますから本物に見せる施工をするくらいなら

ほんとに施工しちゃいましょう!

 

 

カギを追加することも防犯カメラも抑止力になります。

ちなみに当社は補助錠の取付はもちろん、防犯カメラの設置、交換、修理も得意分野です!

 

ぜひぜひご検討くださいませ。

 

 

-tsubasa

 

 

-防犯について

© 2024 カギのつばさ Powered by AFFINGER5