質問コーナー

カギ屋さんって何でも開けられるの?

皆さん1回は思ったことある疑問ではないでしょうか?

"カギ屋さんって何でも開けられるのか"

そのカギ屋をしている筆者にとって、よく聞かれる質問の一つです。

結論から言うと…

 

 

 

 

  

 

 

 

何でもは開けられません!!!(笑)

 

 

 

 

…あれ、思ってる回答と違いました?

 

でも、正直カギ屋と呼ばれる人たちが持っている道具と、いわゆる家に侵入するような泥棒や金庫開けをするような彼らが持っている道具と変わらないんです。

なので、泥棒や窃盗団には開けられないカギも、カギ屋さんなら「あっ」と言う間に開けることができちゃう…

 

 

わけがないんです。

  

 

なんせ道具が同じなので!!

 

とはいえ、泥棒に開けられないカギの方がセキュリティー的にも安心ですよね。

でもいざトラブルがあった時、どうすればいいのか。

 

 


 

カギ屋さんは開けられるものは開けますし、開けられないものに関しては開けなくても問題を解決できるようにします。

  

え、どういうこと?

問題を解決?カウンセラーか何かですか。

 

いいえ、違います(笑)

それではカギ屋さんを呼ぶという状況は、どういう時に起こるか想像してみてください。

 

 

カギをどこかで落としてしまった。

カギをどこかに置いてきてしまった。

カギが突然開かなくなった。

これらによって家の中に入れないなど…

  

それに対してカギ屋さんにしてもらう事というと、 

 

 

開けられたらいいんですよね?

 

 

開け締めできるようになればいいんですよね?

 

  

 

そうシンプルに考えが辿り着くと思います。

だって、カギ屋さんなんだから。

 

どうやって解決するかはそのカギ屋さん次第ですが、筆者含め当サイトの会社ではお客様にとって何がベストかを考え提案し解決しています。

 

「カギをなくして家に入れない!」

では、家に入ればスペアキーはあるのか。

紛失したのはカギだけなのか。

といった状況を聞き取りして整理していきます。

すると、

実家にスペアキーは預けている。

〇〇に行けばカギがあるらしい。

 

など、依頼の連絡をした時はとにかく家に入れないと困ると焦ってプチパニックになっていても、人と話しているうちに落ち着いて整理して考えられるようになるものです。

ん?自分はなくしても、そんなことにならない?

それならそれで、冷静にお答えしていただければ大丈夫です!

 


 

現在は玄関ドアにディンプルキーシリンダーのダブルロックは当たり前ですし、

開錠してカギ交換すると高いですからね…

明日になればカギが手に入るようであれば、一晩ホテルに泊まっても安いものです。

それでもカギを開けなければいけない場合もあります。

そんなときは全力で開錠いたします!

 

 

-tsubasa

 

-質問コーナー

© 2024 カギのつばさ Powered by AFFINGER5